豊水 ほうすい

甘味が大変強く、肉質も柔らかく特有な芳香があります。青梨と赤梨のかけあわせのため、果皮の一部に青みが残っている場合もあり、日持ちは1週間程度。

茨城産 幸水の食べ頃 8月上旬〜8月末頃

豊水 ほうすい

大ぶりで、肉質は幸水と似て柔らかく、甘味と酸味のバランスがよく、皆に好まれます。2週間程度日持ちます。

茨城産 豊水の食べ頃 9月上旬〜9月下旬頃

新高 にいたか

大きなものは1Kg以上にもなる梨で、大変甘く、爽やかな芳香があります。シャリシャリした食感が特徴です。日持ちが大変よく、2週間程度は大丈夫です。

茨城産 新高の食べ頃10月上旬〜10月末
梨のページ

とにかく鮮度が一番です。

皮の色艶がよく、固いものを選びましょう。ずしりと重く大きい方がいいといえますが、大きいものほど実が柔らかくなるのが早いので、早めにたべましょう。

おいしさを保つには保存方法も重要です。

買ってきてすぐ、密封して冷蔵庫に入れましょう。冷たく冷やしたほうがよりおいしく召し上がれます。

梨は90%が水分です。

ごく小量の糖分とビタミンがあるだけで、栄養的なものはあまりありませんが、消化酵素を含み、肉類の蛋白質の分解を促進するはたらきをもっています。その他にカリウム、鉄分、アスパラギン酸を含んでおり、疲労回復や利尿作用、解熱作用などさまざまな薬効があります。
風邪で熱がありのどが渇く時
生でそのまま食べましょう。熱をやわらげ、のどの渇きが止まります。

 咳やのどの痛み・痰がからむ時

ジューサーでしぼり、氷砂糖か蜂蜜を加えて弱火で煮詰めたシロップをナシとして用います。

二日酔いの時

レンコンと梨を同量ジューサーにかけた「蓮梨汁」(薬膳)というものもありますが、梨は肝臓を保護し食物の消化を助けるので、日頃からお酒を飲む機会の多い人は、毎日食べるといいでしょう。

岡野果樹園の美味しい梨